思い出 エジプト旅行 空港までの予想外の長ーーーーい道のり

2017年ヨーロッパ一周の際、1日だけアフリカに飛び、エジプト、カイロに行きました。たった1日ですが、印象深いものになりました。

リサーチ不足で5時に閉まるの知らずピラミッド入れず

遠くからの写真のみになってしまったのですが

画像2を拡大表示

まーいいか、明日は未開の地ギリシャ、その後もイタリア、スイス、フランス、スペイン、ポルトガルと控えているので、その時は相対的にエジプトのことは小さく思え、夜8時位で街徘徊を切り上げ、空港へ向かいました。しかし、このちょっとした移動が悪夢になるとはこの時点ではつゆとも思いませんでした。

朝空港から来た時は、市民バス2本で2.5x2の5エジプトポンド ( 約37円) の運賃だったので帰りも同じ額を想定していたのですが、最初の1本が3.5ポンド要求され、来た時は2.5だったと車掌に訴えたのですが、いや元々3.5だと言われ、押し問答中に後ろに座っていた女性が確かにいつも3.5だと言ったので、渋々払ったのですが、腑に落ちないものがありました。

これをきっかけにこの方とちょっと喋ったのですが、2011年の革命は日本では大ニュースだったよ、と言うと、” ほんとに ! ” と驚いてました。革命の後、何か変わったかと聞くと、” 人々が前よりお互いにケアするようになった。” との答。正直、朝からクラクションが鳴り響き、そこのけ、押しのけのカオスな道路交通を見て来た自分には内心、” えっ、これで気を遣うようになった? じゃ、前はどんだけ破茶目茶だったんだろう? ” と思ったのですが、そういうことは口にせず、そうこうするうち、終点のダウンタウンに着いて、空港行バスに乗り換えるのですが、ここで一つ問題が。

バスのフロント上部ににある生き先表示はアラビア語で書かれており、空港にどのバスが行くのか、聞かないと分かりません。信号で停まる来るバス、来るバスの運転手に エアポートに行くのか聞くのですが、一向に空港行のバスが来ません。ピラミッドに行く時はすぐに見つかったのですが、道行く人に聞いているうち、あのミニバンが行くんじゃないかと言われ、ドライバーに” 空港行くか? ” と聞いたら Yes の答、料金は2ポンドだというので、乗り込んだのですが、動き出してから3ポンド要求され、尚かつ空港まで行かず、全然知らない所で終点ということで降ろされました。これには頭にきて ” 話が違う、訴えてやる。お前の名前は ? ” と問うと、薄ら笑いを浮かべ ”Adam ” と西洋風の名を、まー偽名なのでしょう。こちらも単なる脅しで、旅行者に、エジプトの行政に訴える時間など無いのは彼らも分かっているのでしょう。かくにも、3ポンド丸損した挙句、不明な場所に降ろされ、仕方なく大通りを目指したら地下鉄のマークが !!!

そうだ ! 地下鉄があった。これなら確実に行くだろう。無事座席に腰おろし、” う~~ん最初から地下鉄乗れば良かったよーーん 。 行きは 2.5+2.5で5ポンド、帰りは3.5 + 詐欺のミニバンに3ポンド、地下鉄3ポンドで計9.5ポンドとちょいと高くついちまったけどまーいいか。” 

画像3を拡大表示

歩き回って疲れた体を長椅子にぶん投げ、 ” 明日のアテネの遺跡はどんな感じだろう、旅行ガイドで見たように青空に映えてたらいいなー ”  と、ちょっとワクワクモードに入ったのですが ……..

しかし、しかし、しかし、後2駅位の所で何故か終点のアナウンスが、   ” えっ ? な、なんで ? ” 駅員に聞くと一時的にこの先は封鎖しているとのこと。 ” ま、マジ ? 国際観光都市の空港だろ ?  遮断なんかするなよ “ 心中わめいてみても、ないものはないです。またしても未知なる場所に放り出され、ワクワクモードから悄然モードに激変。さーどうしよう?

歩いて行けないことはないです。しかし、ここはエジプト、6年前には革命があった街、そして詐欺ミニバンが横行し、空港までの地下鉄が途中でぶん切られている街 …..

私は映画 ” 7月4日に生まれて” の中、トムクルーズとウイリアムダフォーが荒れ地の真ん中に放り出されたシーンを思い出していました。

” The fuckin’ sun is goes down , what do you know what the fuck comes out here ? We gotta get out of here ! ” 

” 日が暮れかかっているぞ、どんなとんでもないもの ( 強盗や猛獣でしょうか? )  が出て来るか分かってるのか ?   ここからずらからなきゃ ヤバイぞ!  ”

このようなシーンだったのですが、空港は成田同様、街外れにあります。うら寂しい道を真夜中疲れ切った体でノロノロ歩いていたら何に出くわし、何が起こるかわかったもんじゃありません。

数分前までは、問題は如何にして行きの運賃と同じ値段で空港まで帰るかという事だったのですが、今や問題は、果たして明日の朝までにエアポートに着き無事アテネ行きに乗れるのか? という事に変わってしまいました。

とうとう心が折れてしまい、タクシーに乗ることに。運賃は100ポンド。

100 !!  行きは5ポンドだったのに 100 !!

一瞬立ちくらみになりそうでした …..

といっても 750円位なので、東京でチョイと乗る分とそう変わらず、大した事はないと言えばないし、ミニバンと地下鉄の運賃も合わせて50円位でもっと大した事はないのですが、値の大小に関わらず無駄金を使うと気が滅入る性質なので一瞬呆気に取られたのですが、心身共疲れ切っていたし、値切ってヘソ曲げられて走り去られたら、次のタクシーを捕まえなきゃならず、その気力さえ萎えていたので値切る気も起きず、OK とシートに身を沈めました。

開けた窓から流れ来る風が心地良く、座っているうち体の方は元気になって来たのですが、精神の方はズタボロで内心  

 ” お前の所は観光地だろう。国際都市らしくバスの行き先は英語を混ぜて、空港までの地下鉄などちゃんと通しておけよ ! 二度と来ねーぞこんな所 ! ” 

と呪詛の言葉がうねりまくっていて、ナイル河のイルミネーションが綺麗で普通なら写真撮りまくるのですが一向にそんな気が起きず、石地蔵のように固まりながら空港に着きました。

残りの所持金見たら約30ポンド。後で思ったのですが、ピラミッドもし入れてたら50ポンド使ってたので、タクシーは80で乗らなければならない事になり、果たして値切れたものか? チョイとゾッとしました。なんでピラミッド夕方に着いたかというと、ダウンタウンから足伸ばしたナイル河の風景が前にニュースで見たものとクリソツだったので、” おお! ここがあのニュースで見た場所に違いない ” とはしゃぎまわり30分も長居して写真やヴィデオを撮りまくって

0  スクリーンショット (974)を拡大表示

時間ロスした挙句の体たらくだったのですが、何が幸いするか分かりません。

が、そもそも地下鉄がぶち切れている事が問題で、まー嫌なら来るなと、エジプトの方は言うのでしょうが…

しかし、何故か、日本に帰り撮った写真を整理しているうちアフリカそしてエジプトの個性がどうにも魅力的なものに思えて来てなりませんでした。  なぜなら、

プラハ

画像4を拡大表示

パリ

画像5を拡大表示

ミラノ

画像6を拡大表示

みんなかっこいい建物なのですが、似ていると言えば似ていると言えます。しかしエジプトは

0 スクリーンショット (952)を拡大表示

このように街中をロバが闊歩し

画像9を拡大表示

風景も独特だし , 

画像9を拡大表示

ストリート グラフィティも ワンアンドオンリーという感じだからです。

観光客から小銭を掠め取ろうとする輩が一杯いる反面、素朴で親切な、いい意味擦れてない人も一杯いて、もっと話をしたら良かったなー、と今になって思ったりもします。

結局アフリカやエジプトはまた行きたい場所のトップ3に入る事になりました。危ないちゃー危ない場所なのですが。私の滞在約2カ月後に北300km位離れた街で300人以上の虐殺がありました。カイロ市内で見かけたマシンガンを持った警官の人もあどけない顔立ちだったのですが、いつでも撃つぞみたいなオーラが出ていて、後に行ったパリの空港にいたベレー帽と迷彩軍服着て同じくマシンガン抱え、目が釣り上がって臨戦モードだった軍人の人よりなんかもっと大きな切迫感みたいなものを自分は感じました。

嗚呼 でもエジプト 気になります。また行けたらなと思います。

0 スクリーンショット (965)を拡大表示

松田伸一郎 思い出 一番印象的で重たいコイン

自分は完全な子供嫌い、中身のない話をでかい声でするのでうっとうしいのです。( 性欲が無くなった今は知識、中身が子供と変わらないアダルトチルドレンの日本女性も同様です。自分が好きなのは物理学や芸術の話で接点無し、思い出だけでもう沢山、持ち金は全部、音楽、イラスト、海外旅行に使いたいです。 )

デンマークでは近寄って来た子供に空蹴りして罰金を取られ、フランスの電車内ではこれも周りをうろつく子供の親にクレームをし、他の車両に移ってもらうなど、ろくな事がありません。

最高のペットだと言う人もいたのですが、自分はその真逆で、やかましい金食い虫、百害あって一利なし、そんなもん養う養育費があったら、世界をグルグル回って海外に永住したいと思っています。

まー 関わらずに済むのであればホント助かるなと思っているクチですが、一つだけちょとした、いい感じの思い出があります。

イギリスのボーンマスという街の駅前で路上弾き語りをしていた時、3人組の 7から10歳位に見える子供達がやって来ました。なんか、何やってんだこの東洋人は?  みたいな目でこっちを見ています。子供嫌いの私は無視して歌い続けました。

彼らはいなくなり、数人の人が話しかけて来て、1ポンド (当時レートで130から170円位)くれた人もいました。

2時間以上歌っている間、例の子供達はまたやって来て、なんか敵意のあるような目で見ています。日曜日の午後、行くとこないみたいで駅周りをウロウロしているようです。そしてまたいなくなりました。

歌い疲れ、さー切り上げるかとフィニッシュし始めようとした時、またやって来ました。3回目!

とにかく無視していたのですが、なんか口論を始めました。

早口で聞き取れたのが ” Last time I – … ” だけなのですが、とにかくマジ顔でいい争そってました。何がしたいのかよくわからず茫然と見ていたら、、、、

なんとコインを投げてきて、親指を上げてニコッと笑いながら、” Very Nice . ” と言うではありませんか。

コインは最小通貨の1ペニー ( 当時レートで1.3から1.6円位 ) なのですが、子供の小遣いの中では貴重なはずで、それ故に誰が出すのか言い争いしていたのだと思います。

意外な展開で呆気に取られ ” Thank you ” とだけ言い返したのですが、後で なんで彼らにとっては貴重なお金をそのまま貰っちまったんだろう?  と、ちょっと反省しました。

日本で弾き語りした時は数百円くれる人もいたのですが、自分に取ってはこの2円未満の1ペニーが今まで手に取ったコインの中で一番印象深く、ズシリと重いコインだったりします。