松田伸一郎 思い出 一番目の彼女と大学時代、  変わるものと、変わらないもの

” 伸一郎君ってひょうひょうとしてるね、私のこと好きなのか嫌いなのか、良くわからない” 10代後半 当時自分は何より音楽が好きで、ただ多くの人が酒、タバコを好奇心から一度は試してみるように、バンド活動の合間にデートもしたりしてました。

ただあくまで酒、タバコと同じ感覚で適当だったので、たまに温度差を感じたりしてました。なんか自分はベタベタされると引いてしまう、近付いて来ると離れようとする電磁誘導のような性質があり、デートとかは楽しいのですが、生活に関すること、養うとかの話になると、自分はロックンローラー体質なのでメッチャ面倒くさくなって話をいつも反らしていました。

映画によく行きました。

画像1

チョコレートを買い込んで、楕円形の粒を彼女がつまんで口に持ってくるのですが、こういう事をする女性は多いのか、4番目の彼女もチョコレートだの、かき氷だのを ” ハイ ア~ン” と私に食べさせるのが好きでした。

彼女は働いていて、たまに仕事の愚痴を聞かされました。自分はまだ大学生だったので、よくわからん世界だったので、適当に受け流していたのですが….

後年、ブルース-スプリングスティーンという人のジャージーガールという曲を聞いていた時こんな部分がありました。

仕事で疲れて眠り込んでる彼女

これを聴いたときに何故かこの1番目の彼女の事を思い出し、あーもっと親身に愚痴を聞いてあげればよかったなと、何故かしみじみ思いました。

この人は4人の彼女のうち一番印象薄い方なのですが、何故かこの時は、4人共仕事の愚痴は言っていたのに、この彼女のことを思い出しました。なんか人間の感情って不思議なものがあります。

しかし時というものは変わるもので、10代、20代に嗜んだ嗜好品、酒、タバコ、女は今は大嫌いになりました。女の場合は妬み深い、音楽制作の楽しさが分からない、そして想像がつかない、機械、ロボットのような人生を送っている役人達に押し付けられるので嫌になりました。もともと女のために努力するのは嫌で、金使うのもデートならいいけど養うなんて出来ません、そんな金あったら音楽に使いますという性質だったのですが押し付けられるのでマジ嫌になりました。

拒絶反応という概念の無い人生経験の無い、一生同じことを飽きもせず繰り返し続ける向上心の無い、自分のようなモノづくりの楽しさが骨の髄までしみ込んでいる人間とは真逆の役人、Public Servant という物体に囲まれ、自分は好きな音楽できて幸せなのですが、幸せはこの国では不幸せなロボットに邪魔されるのが運命のようです。

自分は独身主義者で独りの方が気楽で自由でいいので、音楽、イラスト、海外旅行に専念できる、今の状態にメッチャ満足しているのですが、4人付き合った思い出はイラストのネタになるので、大学時代遊んでて良かったなと自分的には思います。研究室の中では顰蹙を買ってましたけど ….

好きだったチョコレートも金の無駄なので食べなくなり、酒、タバコ、女は嫌になり、時の流れと共に人生は移りゆきます。

でもロックンロールや音楽制作だけは、プラス イラスト制作は 無尽蔵の金脈の如く私を虜にし続けています。

変わるものと、変わらないもの、人生はテームズ川やセーヌ川やドナウ川やモルダウ川のようにうねって流れてゆきます。

嗚呼 私の人生 !

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s