思い出 バイト先で出会った気は優しくて力持ちな男の人

私はバイトは主に高時給につられ、学習塾講師を行っていたのですが、ロックンローラーなので

喉をあまり酷使するわけにもいかず、痛めたら辞めて、肉体労働をやって、治ったらまた塾講師をやるという事を繰り返していました。
この中に荷揚げのバイトと云うのがありました。
これは工事現場にひたすら木材や、コンクリートパネル(通称コンパネ)等をトラックから運び込んで行く仕事で、早く終われば半日で8000円位になったりする仕事で、ものは試しとやってみました。

木材を運ぶ現場だったのですが、ちょっと雨を吸ってていつもより重かったみたいです。
二人で行いもう一人の方は身長は私より低かったのですが、腕が私の2倍位太かったです。
自分は瘦せ型で腕も細く

このバイトはすべきでは無かったのですが時遅し
30から40Kgはあると思われる長い結束された木材の束を運んでいるうち、筋肉がバーンアウト、動かなくなってしまいました。
しかし2人しかいないので、休む訳にもいかず、自分がゆっくりとしか運べないので負担がもう一人の人に掛かり、申し訳ないなと思いながら、運んでました。

感覚的には腕立て200回やって、ガチガチに麻痺した腕で重い物を無理矢理運び続けるようなものです。

佐川急便の横乗りの助手や、日本通運の仕分けのバイト、荷物が重くても30kg位までなら、そこそこ動けて
” 今までで 最高の横乗りだった 。” とか ” 松田さんがいれば大丈夫だよ ” 等と言われた事もあったのですが 、重いのを連続で運び続けるこの時は完全な戦力外、

とうとう 生まれて初めて私は ロックンローラーであること忘れ喉を庇わずに運び始めました。

塾内で声を張り上げていた時、ピリッと来たら必ずボリュームを落とし、肉体労働現場でも喉痛かったら、悪いとは思ったのですが、極力喋らず作業して来たのですが、

この時だけは負担が相当もう一人の方に掛かっていたので、とにかく喉がカラカラになって、悲鳴を上げてても、運び続けました。

9時位から12時過ぎまでノンストップ、休憩は無いのか聞く訳にもいかず、終わった時は本当ホッとしました。

休憩所に行き、12時過ぎてたので、俺のせいで休憩始まりが遅くなって申し訳ないなと思いながら、ただ木材は全部降ろしたので、” この後は別の現場に移動ですか? ” と聞いたら、
 ” いや、これで全部終わりですよ。” と言われたのでびっくりしました。
というのはこの日は初日で、早く降ろせばそれだけ早く上がれるシステムとは知らず、
そうか、それで 普通は10時と3時にある 休憩無しだったのか、と納得しました。

天にも昇る気持ちとはこのこと!
午後からもきついだろうと覚悟していたのに12時過ぎで終わりとは !

喉を潤そうと500mlのジュースを飲んだのですが、なんと一気に入ってしまいました。
それでも足りずもう一本500mlを飲んだのですが、一気に1リットル飲んで平気だったのは
後にも先にもありません。それだけ体使ったのでしょう。

現場出る時、” 今日は 足引っ張てすいませんでした。 ” と詫びたのですが、

” いえいえ 、また よろしくお願いします。 ”  と 言ってくれました。

これは、とても嬉しく救われた気になりました。

私などは心が狭いので、 逆の立場だったら 、社交辞令でも 絶対にこのようには言わないのですが、
この人はいい人だなと思いました。
気は優しくて力持ちとはまさにこのような人のことを云うのだなと思い、新宿区の駅まで向かいました。

青空の下 荷物カバンが空気のように軽かったです。

自分的にはこの日は印象的な一日になりました。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s