An uncanny and aberrant trait of my 3rd girlfriend

When we had a date and were talking on the street , she suddenly , said ” I ‘m gonna make some service for you by pulling out your underarm hair ” and stretched her arms into my sleeve . 
I was a bit surprised by such a weird penchant …

3番目の彼女 芸の無いネーミング

なんて呼んで欲しい?と3番目の彼女が聞くので、最初の彼女に ”伸一郎君” と呼ばれてたので、”ここは一つ優作君がいいな !”と

松田優作と云う人気俳優をあてがったら

彼女 笑い出し ”それじゃ 顔そむけながら呼ばなきゃいけないじゃない ”

で、結局の呼び名が松田君 芸が無い!!!

20代前半酒、タバコ、女 、 今は全て用済みのものに関わっていた頃の思い出です。

思い出 4番目の彼女の優しい心遣い

0    スクリーンショット (799) take jpgを拡大表示
画像1を拡大表示

自分は今、完全な女性嫌いで 、というのは押し付けて来る人達が周りにいて、自分は押し付けられれば押し付けられるほど、拒絶反応を起こす性質なので、元からどっちかというと一人が好きだったのに、本当に話しても何も得るものがない、知識の無い、女性は嫌になってしまいました。おかげで性欲もなくなり、でもこれは時間の節約に非常に有難く、

更には、科学が一気に進み安価でサイボーグになれ食欲も無くなれば、もっと音楽制作、イラスト制作が出来るのにと、科学の進歩を願う毎日です。

思い出を歌に、イラストに変え、日記も書いているのですが、男性だけではなく、イラストには色んな色を使うように女性の思い出も書いてみようと思います。

4番目の彼女とバイクで広島県の宮島と云う世界遺産でもある場所に行った帰り、雨が降り始めました。

行く前から90%の雨予報で、私は止めとこうかと言ったのですが、
彼女曰く、”じゃ 10%を期待して ” と、
当時、自分と会うのが一週間で一番楽しいと彼女言っていました。

ちょいと不安で遊びに行ったのですが
案の定の雨、こういう時バイクはきついです。

ただとにかく広島市内に帰らなきゃならず、雨中走り始めました。

画像3を拡大表示

3月ですが雨に打たれるとめっちゃ寒かったです。
走り始めた時後ろから
” 好きな果物は ? ” と聞くので 、苺 彼女好きなの知っていたので、
” イチゴ ! ” と答えると 、 ” 同なじ ! ” と叫び、
ちょっと和気あいあい気分でスタートしたのですが
しばらくすると寒さが骨まで染みてきて めっちゃきつくて
あー 来なきゃ良かったと思いながら走り続けました。。

市内近くでやっと雨が止み、交差点で信号待ちをしていました。
体も心も疲れ切りグターっとしていたのですが 、彼女これを察したのか突然

” また 、どっか遊びに行こうね ” とにこやかに後ろから言ってきました。

彼女 この雨でも元気だな、いや俺を元気づけようと明るく振舞ってるのか ?
とにかく、心がポンと軽くなり、
” うん ! ” と ヘルメットの頭突きを後ろにかましました。
彼女もコンコンとヘルメットを当てて来ます。ちょとの間信号待ちの交差点で
ゴンゴン頭突き合戦をやっていました。

画像4を拡大表示

雨止んだことプラス彼女の気遣いで、その後の走りは楽でした。

自分は芸術の他、物理や政治の話が好きで女性と話して面白かった試しがありません。

アイルランドのダブリンのユースホステルに長居していた時、ある外国女性が
” あなたはおとなしい、もっと喋ったら ”と言うので まー 男性とは政治談議などよくしていたのですが、じゃーと思い、自分は今戦争経済の歌を書いてる、シリアの戦争についてどう思うと語り始めたら、この方一気に引いてしまい、行く所があると自分から話しかけてきたのに会話を打ち切ってしまいました。

他にも ” He hates women ” と噂話をされたことがあるのですが
嫌ってるのは女性じゃなく、話しても面白くない 中身空っぽの頭の中が小学生のようなアダルトチルドレンと関わるのが嫌なのですが、
まーとにかく私には特に国際標準語である英語喋らない日本女性はうるさいだけで、20代前半と違い、今は百害あって一利なしです。

しかし こういう思い出も少しなのですがあったりします。

思い出 バイト先で出会った気は優しくて力持ちな男の人

私はバイトは主に高時給につられ、学習塾講師を行っていたのですが、ロックンローラーなので

喉をあまり酷使するわけにもいかず、痛めたら辞めて、肉体労働をやって、治ったらまた塾講師をやるという事を繰り返していました。
この中に荷揚げのバイトと云うのがありました。
これは工事現場にひたすら木材や、コンクリートパネル(通称コンパネ)等をトラックから運び込んで行く仕事で、早く終われば半日で8000円位になったりする仕事で、ものは試しとやってみました。

木材を運ぶ現場だったのですが、ちょっと雨を吸ってていつもより重かったみたいです。
二人で行いもう一人の方は身長は私より低かったのですが、腕が私の2倍位太かったです。
自分は瘦せ型で腕も細く

このバイトはすべきでは無かったのですが時遅し
30から40Kgはあると思われる長い結束された木材の束を運んでいるうち、筋肉がバーンアウト、動かなくなってしまいました。
しかし2人しかいないので、休む訳にもいかず、自分がゆっくりとしか運べないので負担がもう一人の人に掛かり、申し訳ないなと思いながら、運んでました。

感覚的には腕立て200回やって、ガチガチに麻痺した腕で重い物を無理矢理運び続けるようなものです。

佐川急便の横乗りの助手や、日本通運の仕分けのバイト、荷物が重くても30kg位までなら、そこそこ動けて
” 今までで 最高の横乗りだった 。” とか ” 松田さんがいれば大丈夫だよ ” 等と言われた事もあったのですが 、重いのを連続で運び続けるこの時は完全な戦力外、

とうとう 生まれて初めて私は ロックンローラーであること忘れ喉を庇わずに運び始めました。

塾内で声を張り上げていた時、ピリッと来たら必ずボリュームを落とし、肉体労働現場でも喉痛かったら、悪いとは思ったのですが、極力喋らず作業して来たのですが、

この時だけは負担が相当もう一人の方に掛かっていたので、とにかく喉がカラカラになって、悲鳴を上げてても、運び続けました。

9時位から12時過ぎまでノンストップ、休憩は無いのか聞く訳にもいかず、終わった時は本当ホッとしました。

休憩所に行き、12時過ぎてたので、俺のせいで休憩始まりが遅くなって申し訳ないなと思いながら、ただ木材は全部降ろしたので、” この後は別の現場に移動ですか? ” と聞いたら、
 ” いや、これで全部終わりですよ。” と言われたのでびっくりしました。
というのはこの日は初日で、早く降ろせばそれだけ早く上がれるシステムとは知らず、
そうか、それで 普通は10時と3時にある 休憩無しだったのか、と納得しました。

天にも昇る気持ちとはこのこと!
午後からもきついだろうと覚悟していたのに12時過ぎで終わりとは !

喉を潤そうと500mlのジュースを飲んだのですが、なんと一気に入ってしまいました。
それでも足りずもう一本500mlを飲んだのですが、一気に1リットル飲んで平気だったのは
後にも先にもありません。それだけ体使ったのでしょう。

現場出る時、” 今日は 足引っ張てすいませんでした。 ” と詫びたのですが、

” いえいえ 、また よろしくお願いします。 ”  と 言ってくれました。

これは、とても嬉しく救われた気になりました。

私などは心が狭いので、 逆の立場だったら 、社交辞令でも 絶対にこのようには言わないのですが、
この人はいい人だなと思いました。
気は優しくて力持ちとはまさにこのような人のことを云うのだなと思い、新宿区の駅まで向かいました。

青空の下 荷物カバンが空気のように軽かったです。

自分的にはこの日は印象的な一日になりました。

思い出 超伝導体の実験と物理

私は以前広島大学という国立大学の大学院生時代、圧力下における超伝導体の転移点(Tc)の変化を修士論文テーマとして扱っていました。

最近ふとした事から2020年に常温(約15℃)で高圧化なら超伝導状態が作れることが分かったと云うニュースを見て 、昔の大学時代を思い出してしまいました。

私の実験素材はビスマス、ストロンチウム、カルシウム、カッパー、オキサイド (BSCCO) と略されるものです。
今は高強度な電線の素材として使われているようです。

私は静水圧を多結晶体に掛け、圧力によってどのように Tc が動くのか実験していました。

圧力を掛ければ 掛けるほど Tc は上昇していきました。 といっても、それは 日常生活から見ると超低温 約110K (マイナス163℃)なので超電導になるメカニズムを探るのには有効な実験でも、実生活利用に対する即効性は希薄だなと当時感じていました。

ただ私はロックンローラーで

画像1を拡大表示

大学院に研究のためと云うよりは、生涯就職サラリーマン化をちょっとでも先延ばししたいがために進んだので、とにかく修士論文が書ければいいやみたいな感じだったので余り気にせず、

実験室に小さなシンセサイザー キーボードを持ち込み、徹夜での実験の際には学内に余り人がいないのをいい事にもっと高い声でないかな と、発声練習したり、曲を作ってました。

これらの事は実験の合間に行っていたのですが、いつしか 音楽の合間に実験をするようになってしまいました。    
不届きな院生でした …


しかし、このニュース! 常温! マイナス163℃辺りの世界から なんたる飛躍 !

音楽が余りにも好きなので、相対的に、物理は面白いと分かっていても、自分的には1万分の1ぐらいの面白さなので、殆んど気にかける事は無かったのですが、超伝導体だけは扱っただけあり、ちょっと愛着があるので、このニュースには嬉しくなってしまいました。

もっと研究が進み、太陽光発電の送電に使われることを密かに、密かに願ったりしています。

松田伸一郎 思い出 一番印象的で重たいコイン

自分は完全な子供嫌い、中身のない話をでかい声でするのでうっとうしいのです。( 性欲が無くなった今は知識、中身が子供と変わらないアダルトチルドレンの日本女性も同様です。自分が好きなのは物理学や芸術の話で接点無し、思い出だけでもう沢山、持ち金は全部、音楽、イラスト、海外旅行に使いたいです。 )

デンマークでは近寄って来た子供に空蹴りして罰金を取られ、フランスの電車内ではこれも周りをうろつく子供の親にクレームをし、他の車両に移ってもらうなど、ろくな事がありません。

最高のペットだと言う人もいたのですが、自分はその真逆で、やかましい金食い虫、百害あって一利なし、そんなもん養う養育費があったら、世界をグルグル回って海外に永住したいと思っています。

まー 関わらずに済むのであればホント助かるなと思っているクチですが、一つだけちょとした、いい感じの思い出があります。

イギリスのボーンマスという街の駅前で路上弾き語りをしていた時、3人組の 7から10歳位に見える子供達がやって来ました。なんか、何やってんだこの東洋人は?  みたいな目でこっちを見ています。子供嫌いの私は無視して歌い続けました。

彼らはいなくなり、数人の人が話しかけて来て、1ポンド (当時レートで130から170円位)くれた人もいました。

2時間以上歌っている間、例の子供達はまたやって来て、なんか敵意のあるような目で見ています。日曜日の午後、行くとこないみたいで駅周りをウロウロしているようです。そしてまたいなくなりました。

歌い疲れ、さー切り上げるかとフィニッシュし始めようとした時、またやって来ました。3回目!

とにかく無視していたのですが、なんか口論を始めました。

早口で聞き取れたのが ” Last time I – … ” だけなのですが、とにかくマジ顔でいい争そってました。何がしたいのかよくわからず茫然と見ていたら、、、、

なんとコインを投げてきて、親指を上げてニコッと笑いながら、” Very Nice . ” と言うではありませんか。

コインは最小通貨の1ペニー ( 当時レートで1.3から1.6円位 ) なのですが、子供の小遣いの中では貴重なはずで、それ故に誰が出すのか言い争いしていたのだと思います。

意外な展開で呆気に取られ ” Thank you ” とだけ言い返したのですが、後で なんで彼らにとっては貴重なお金をそのまま貰っちまったんだろう?  と、ちょっと反省しました。

日本で弾き語りした時は数百円くれる人もいたのですが、自分に取ってはこの2円未満の1ペニーが今まで手に取ったコインの中で一番印象深く、ズシリと重いコインだったりします。

松田伸一郎 思い出 2番目の彼女の部屋

2番目の彼女の特徴はアパート一人暮らしで泊まりに行けたことです。

ある夜8時頃バイクを飛ばして彼女の部屋を訪ねて、小っさい画面のTVで野球見て、トランプして、なんとかベッドの上に寝さして貰おうと色々画策しながら夜は更けて行きました。彼女の方はこの策略を知ってか知らずかいつもどうりの感じだったのですが イメージ的にはこんな感じで

画像1

私はこの夜腹黒いジョーカーでした。後で ” ずるいよ ” と愚痴られました。

朝になってようやくベッドにもぐり込むことが出来、自分はロックンローラーでとにかく音楽が楽しくてしょうがなかったのですが、酒、タバコ、女性にも好奇心からアプローチしてみたものです。

しかし、しかし、局部の匂いには閉口しました。3番目の彼女も同じような匂いだったので女性共通なのでしょう。自分は元々刺激の強いものは苦手で、大学入学の際、新歓コンパなどでビールを先輩から勧められ飲んだのですが、マジ不味かったです。酒で旨かったのはワインとカクテルでただナンパやデートの際付き合いで飲んでただけで、酒は自分にとっては金払ってまで飲むものではなく、逆に4番目の彼女などはストレス解消になるのか彼女の方から ” 飲みに行かない ? ”と誘ってくる始末で、たまに息が酒臭くて、清潔感ゼロでこれにも閉口した思い出があります。

タバコも好奇心から吸ってはみたものの、Hopeか、Peaceか、強いのは吸えず、軽いCasterと云うのを吸ってました。でも3箱位しか吸ってないと思います。

でセックスも子供ができたら、自分の価値観では人生終わってしまうし、局部の匂いも嫌だし、金と時間をかけるものではないなと思ったので3番目の彼女とでセックスも卒業しました。4番目の彼女は部屋に来たがってたのですがセックス抜きならこちらには部屋掃除する手間がかかるだけでデメリットしかないので、” 部屋掃除してないから ”といつも断ってました。

なんでこんなくだらない事を音楽、イラスト制作で体が3つ欲しいほど忙しのに書いているかというと、日本の犬、自分の人生がこうだから他人もこうだろう、自分が暇だから他人も暇だろうと思い込んでいる、おそらく学校と職場しか人生経験のない、どれだけ音楽制作、モノ作り、海外旅行が楽しいか知ることのない、生涯黒子の役人、公務員連中がやたら家庭を持つことを勧めるので、ウザい事この上ないので、” いや、俺はもう4人も女と付き合って、酒、タバコ同様大したものじゃないとハッキリ分かっているので、もう関わりたくないですよ。音楽制作、イラスト制作の楽しみに比べたら女性との付き合い、特に日本の女性は世間知らずで戦争経済等政治の事はまるで分かってないのと、自分の好きな物理の話にもついて来れないので、世界20カ国を旅して、パリやロンドンで彫りの深い美人を見て (中身は同様カラッポです。国際標準語である英語を喋るだけチョットいいかなという気がしますが、金使って会話する程の方達には思えません。ただパリ、ロンドン歩いているとマネキンみたいな眼パッチリ、鼻高い人実際見かけます。アメリカはニューヨーク、ロス、シスコと行きましたが、雑な感じで男性に近い気がします。) 色々広い世界を見て来た身にとっては、マジ日本の女性は向上心ゼロの食って寝るだけの無知なアダルトチルドレンにしか見えず、音楽制作、イラスト制作の楽しさが骨の髄まで染みこんでいる今の自分には相対的にメチャクチャ小さく思え、単なる金食い虫に見え、そんなものに、未制作の音楽、イラストのアイデアが100曲以上、100枚以上あり、それらが頭の中でいつもグルグル回ってて、嬉しさと大変さが混じり合った状態でいつも時間に追われている私が、その貴重な、貴重な時間を使える訳などなく、海外を経験していなかった20歳の頃とは自分の中身、知識が全然違うので昔と違って私には日本の無知な女性は意味無くうるさいだけで、百害あって一利なしの存在なのですよ。” と、宣言したくて仕方なく時間勿体ないけど書いてます。まーこう云う時期もあったという事の青春の記録としてチョトだけメリットありですが、音楽作りに比べたら時間損してるなという感じです。

家庭など持って子供を20まで育てたら1500万位はかかる気がします。私ならそんな金あったらユースホステル使って海外旅行を、音楽創ったり、路上ライブしながら10年程エンジョイしたいです。

海外旅行の思い出一杯あるので書きたいのですが、

マジ体3つ欲しいです。

松田伸一郎 思い出 一番目の彼女と大学時代、  変わるものと、変わらないもの

” 伸一郎君ってひょうひょうとしてるね、私のこと好きなのか嫌いなのか、良くわからない” 10代後半 当時自分は何より音楽が好きで、ただ多くの人が酒、タバコを好奇心から一度は試してみるように、バンド活動の合間にデートもしたりしてました。

ただあくまで酒、タバコと同じ感覚で適当だったので、たまに温度差を感じたりしてました。なんか自分はベタベタされると引いてしまう、近付いて来ると離れようとする電磁誘導のような性質があり、デートとかは楽しいのですが、生活に関すること、養うとかの話になると、自分はロックンローラー体質なのでメッチャ面倒くさくなって話をいつも反らしていました。

映画によく行きました。

画像1

チョコレートを買い込んで、楕円形の粒を彼女がつまんで口に持ってくるのですが、こういう事をする女性は多いのか、4番目の彼女もチョコレートだの、かき氷だのを ” ハイ ア~ン” と私に食べさせるのが好きでした。

彼女は働いていて、たまに仕事の愚痴を聞かされました。自分はまだ大学生だったので、よくわからん世界だったので、適当に受け流していたのですが….

後年、ブルース-スプリングスティーンという人のジャージーガールという曲を聞いていた時こんな部分がありました。

仕事で疲れて眠り込んでる彼女

これを聴いたときに何故かこの1番目の彼女の事を思い出し、あーもっと親身に愚痴を聞いてあげればよかったなと、何故かしみじみ思いました。

この人は4人の彼女のうち一番印象薄い方なのですが、何故かこの時は、4人共仕事の愚痴は言っていたのに、この彼女のことを思い出しました。なんか人間の感情って不思議なものがあります。

しかし時というものは変わるもので、10代、20代に嗜んだ嗜好品、酒、タバコ、女は今は大嫌いになりました。女の場合は妬み深い、音楽制作の楽しさが分からない、そして想像がつかない、機械、ロボットのような人生を送っている役人達に押し付けられるので嫌になりました。もともと女のために努力するのは嫌で、金使うのもデートならいいけど養うなんて出来ません、そんな金あったら音楽に使いますという性質だったのですが押し付けられるのでマジ嫌になりました。

拒絶反応という概念の無い人生経験の無い、一生同じことを飽きもせず繰り返し続ける向上心の無い、自分のようなモノづくりの楽しさが骨の髄までしみ込んでいる人間とは真逆の役人、Public Servant という物体に囲まれ、自分は好きな音楽できて幸せなのですが、幸せはこの国では不幸せなロボットに邪魔されるのが運命のようです。

自分は独身主義者で独りの方が気楽で自由でいいので、音楽、イラスト、海外旅行に専念できる、今の状態にメッチャ満足しているのですが、4人付き合った思い出はイラストのネタになるので、大学時代遊んでて良かったなと自分的には思います。研究室の中では顰蹙を買ってましたけど ….

好きだったチョコレートも金の無駄なので食べなくなり、酒、タバコ、女は嫌になり、時の流れと共に人生は移りゆきます。

でもロックンロールや音楽制作だけは、プラス イラスト制作は 無尽蔵の金脈の如く私を虜にし続けています。

変わるものと、変わらないもの、人生はテームズ川やセーヌ川やドナウ川やモルダウ川のようにうねって流れてゆきます。

嗚呼 私の人生 !